美容師 ・作家

後藤 吉久

「はなLOVE」アートプロジェクト主催。
美容師をしながら独自のアートを表現し、電磁波減衰の空間をプロデュース。アートと音楽で新たな美容を展開しています。

ガラス彫刻家

舟橋 初花

愛知県名古屋市出身。1998年、彫刻硝子に出会う。
サンドブラストの彫刻的表現と、絵画的表現を一つの硝子素材の中に融合させた繊細な趣向の「初花彫刻」は、商標登録された独自の技法。

2014年、日本の神代文字のひとつ「アヒルクサ文字」と出会いを果たし、試行錯誤の上「伊邪那岐ノ大神紋」をデザイン。アヒルクサ文字や伊邪那岐ノ大神紋を施した繊細ながらも幽玄な美しさを併せ持つ他に類を見ない存在感の作品を数多く生み出す。アヒルクサ文字のエネルギーそのものが具現化した様な、生きているように躍動的な作品は、歴史に埋没してしまった神代文字が現代に息を吹き返し、ガラスに彫られることで命を宿したようだと形容されるほど。

2018年、その伊邪那岐ノ大神紋を配したペンダント「天壇斗」を世に生み出し、それを手にした多くの人々を魅了している。

天壇斗の小冊子はこちら(PDF)

硝子彫刻工房はつか庵サイトはこちら